弁護士への依頼

慰謝料というのは被害者の精神的苦痛を金銭に換算したものと言えます、精神的な苦痛の数値化は簡単ではないのですが、一般的な基準があります。それは自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。自賠責保険基準は自動車を運転する人がかならず入る強制加入保険で、交通事故が起きてしまったとき、まずは自賠責保険から保険金が支払われることになっています。ですので自賠責保険基準は交通事故が起きた際の最低補償基準と言えます。任意保険基準とは、自賠責保険基準でカバーできない損害部分の補償として機能する任意加入保険です。弁護士基準とは、裁判所の考え方や判例などを参考に東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している基準で、裁判所基準とも言われています。

慰謝料の請求を弁護士に頼むメリットとしては、面倒な交渉などのわずらわしさから開放されるという点、そして賠償額の大幅な増額を見込めるという点があります。逆に弁護士に頼むデメリットとしては、弁護士の選定に時間を取られてしまうという点や該当ケースで無い場合に取り合ってもらえないケースがあるという点です。また、当然弁護士も仕事として依頼を受けるわけですから、弁護士に支払う費用も必要となるので注意が必要です。

慰謝料の種類

交通事故の慰謝料は治療費用、入院雑費、通院費用、休業損害、慰謝料の総額で慰謝料全体を考える必要があります。純粋な慰謝料額については保険業界の定める相場基準と弁護士業界が定める基準があり、それぞれの計算方法によって金額に差があります。

交通事故による慰謝料は主に3つに分類できます。一つ目は後遺障害慰謝料です、行為症状とは交通事故により引き起こった治癒しないまま残ってしまった機能障害、神経症状などのことを言います。これには軽度のものから重度のものまで幅広い症状が含まれます。二つ目は入院慰謝料です。交通事故で入院や通院を強いられた場合、被害者が被った肉体的、精神的な損害を賠償するものです。被害者が交通事故によって被る苦痛や、病院での検査、リハビリなどを受けなければならない、それらの損害に対する迷惑料のようなものです。三つ目は死亡慰謝料です。被害者が交通事故によって死亡してしまった場合、そのご遺族に支払われる慰謝料を指します。死亡慰謝料は亡くなってしまわれたご本人に対する慰謝料と、そのご遺族に対する慰謝料の両方があります。交通事故の慰謝料の計算はこの入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の合計で求めることができます。

 

人身事故被害の慰謝料

交通事故などによる人身事故の慰謝料について、できれば今後の人生で考える機会が無いことが一番望ましいのですが、いざご自身がそういった事故に遭ってしまった場合や、逆に交通事故の加害者になってしまった場合、または身近な人がそのような事故に巻き込まれてしまった場合など、たとえ現在のご自身に人身事故の慰謝料というトピックが全く関係の無いものであったとしても、その知識を持っておくことは将来的に役に立つかもしれません。また、なかには今現在交通事故の慰謝料についての知識が急に必要になっていしまったという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方はまずはご自身で必要最低限の知識だけでも、インターネットのサイトや書籍などで学んでおくことが大切です。

交通事故の慰謝料には種類があり、実際に支払われる慰謝料といった考え方をする場合、総合的に費用を算出する必要があります。また慰謝料は精神的苦痛などの目に見えない痛みの数値化ですので、それを行うための基準が定められています。どのような基準があるのかということも慰謝料について理解する上で重要なことです。

また、実際に加害者が慰謝料を請求する場合ですと弁護士に依頼して慰謝料請求を行うことにより多くのメリットがあります。そういった情報を知らずに示談してしまい少ない慰謝料しか支払われなかったというケースも多くあるのです。当サイトではこれから人身事故の慰謝料について学びたいという方に向けて役立つ情報をお伝え致します。お役立て下さい。