慰謝料の種類

交通事故の慰謝料は治療費用、入院雑費、通院費用、休業損害、慰謝料の総額で慰謝料全体を考える必要があります。純粋な慰謝料額については保険業界の定める相場基準と弁護士業界が定める基準があり、それぞれの計算方法によって金額に差があります。

交通事故による慰謝料は主に3つに分類できます。一つ目は後遺障害慰謝料です、行為症状とは交通事故により引き起こった治癒しないまま残ってしまった機能障害、神経症状などのことを言います。これには軽度のものから重度のものまで幅広い症状が含まれます。二つ目は入院慰謝料です。交通事故で入院や通院を強いられた場合、被害者が被った肉体的、精神的な損害を賠償するものです。被害者が交通事故によって被る苦痛や、病院での検査、リハビリなどを受けなければならない、それらの損害に対する迷惑料のようなものです。三つ目は死亡慰謝料です。被害者が交通事故によって死亡してしまった場合、そのご遺族に支払われる慰謝料を指します。死亡慰謝料は亡くなってしまわれたご本人に対する慰謝料と、そのご遺族に対する慰謝料の両方があります。交通事故の慰謝料の計算はこの入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の合計で求めることができます。