弁護士への依頼

慰謝料というのは被害者の精神的苦痛を金銭に換算したものと言えます、精神的な苦痛の数値化は簡単ではないのですが、一般的な基準があります。それは自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。自賠責保険基準は自動車を運転する人がかならず入る強制加入保険で、交通事故が起きてしまったとき、まずは自賠責保険から保険金が支払われることになっています。ですので自賠責保険基準は交通事故が起きた際の最低補償基準と言えます。任意保険基準とは、自賠責保険基準でカバーできない損害部分の補償として機能する任意加入保険です。弁護士基準とは、裁判所の考え方や判例などを参考に東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している基準で、裁判所基準とも言われています。

慰謝料の請求を弁護士に頼むメリットとしては、面倒な交渉などのわずらわしさから開放されるという点、そして賠償額の大幅な増額を見込めるという点があります。逆に弁護士に頼むデメリットとしては、弁護士の選定に時間を取られてしまうという点や該当ケースで無い場合に取り合ってもらえないケースがあるという点です。また、当然弁護士も仕事として依頼を受けるわけですから、弁護士に支払う費用も必要となるので注意が必要です。